遺産相続のトラブルは誰に相談する?

遺産相続トラブルは誰に相談するべき?トラブル解決情報サイト

身近な法律専門家の司法書士

司法書士は弁護士以上に身近な相談相手

司法書士という言葉を知っていても、その仕事内容までは知らない、という人は案外多い筈。
司法書士は弁護士と同じく法律の専門家ですが、弁護士以上に簡易な案件を手掛けます。
その存在は、弁護士よりも気軽に相談に乗ってくれる、町の法律家とも比喩される事も。
弁護士に依頼しなければならない大きなトラブルは処理出来ずとも、相続に関する煩雑な手続きや申請を、全て行ってくれるのが司法書士の魅力。
また、不動産相続にあたっては、名義変更を伴う不動産登録手続きというものが存在しますが、この手続きは司法書士でなければ出来ません。
親から遺産として不動産を受け継ぐというのはよくあるケースですので、司法書士に依頼する方がスムーズに案件が運ぶ事もあります。

司法書士に依頼するメリットとデメリット

遺産相続において最も多いのが不動産相続です。
土地や建物を親から譲り受けるケースは、殆どの相続に見られますので、不動産名義変更手続きが出来る司法書士のニーズは非常に高いと言えるでしょう。
また、法律に関連する簡単な事案も、司法書士ならば受け付けられるという点も強みです。(相続に関する相談は認定司法書士のみが引き受けられます)
弁護士に依頼するまでもない簡単な事案であれば、手続きも含めて一括で相談に乗れる司法書士に依頼するのが理に適っています。
ただし、相続手続きを行っている内に身内と争いが始まり、訴訟にまで発展してしまうという可能性も大いにあり得ます。
司法書士では弁護士のように紛争に対応する事は難しいので、注意が必要です。