遺産相続のトラブルは誰に相談する?

遺産相続トラブルは誰に相談するべき?トラブル解決情報サイト

書類作成や相続税の節税には行政書士

書類作成に悩みの際は行政書士へ

行政書士は法律に関する書類作成の専門家です。
書類作成に関する相談だけであれば、弁護士や司法書士に相談するよりも、もっと身近な存在となってアドバイスをくれます。
行政書士は書類作成が主な仕事ですので、遺言書作成、戸籍謄本を集める相続調査、遺産分割協議書の作成などを手掛けています。
トラブルが起こった際に依頼するというよりも、相続に関する手助けを行ってくれるというイメージです。

遺産相続を受けた際は相続税を納めなければなりません。
大きな遺産であればある程、相続税は高くなります。
そんな時には税理士に依頼するのが最適。
税理士に依頼すれば、適切な税対策の相談に乗ってくれるでしょう。

自分が必要なアドバイスがどのような類のものなのかを見極め、その都度専門家に相談しましょう。

行政書士、税理士が出来る仕事

近年では行政書士を題材にした漫画やドラマなどの影響からか、行政書士という職務が以前よりもクローズアップされています。
法律に関する煩雑な書類作成は素人には難しく、判断も難しい為に、専門家である行政書士に依頼するのはとても理に適っています。
ただし、クローズアップされればされる程、行政書士が法律の「なんでも相談屋」として扱われてしまいがち。
基本的に行政書士が受け持つ業務範囲は、書類作成やそのアドバイスのみであり、それ以上の相続の相談や、法律に関する相談には乗れません。
他の士業と比べると出来る範囲は限られている筈なのですが、稀に、あらゆる相談に対応している行政書士や法律事務所が存在しますので、注意してください。